スタッフブログ

靴が世の中に流通するまで

靴が世の中に流通するまで
今日は、靴屋さんにある靴が流通するまでのお話です。これまで靴の生産や作るのに必要な日数について触れてきました。
今回は、靴屋さん目線でのお話です。靴屋さんでは、シーズンによって取り扱う靴も異なります。
この時期であればサンダル、冬であればブーツが中心に扱われて販売していると思います。お店ごとの売れ筋や
販売していきたい靴がありますので、年に数回、東京、大阪、神戸などで行われる靴の展示会に行って、売れると
思う商品の発注をします。

規模のあるお店や、実力店になれば、メーカーが訪問して売り込むケースもありますし、靴メーカーと小売店の間に位置する
問屋が御用聞きと売り込みを兼ねて小売店を巡回することもあります。これは業界に関係なくメーカーと問屋と小売店がある分野で
あれば共通することかなと思います。発注をかけて、2~3ヶ月程度かけて商品がお店に並ぶことになります。これを逆算すると、
展示会の時期や発注の期限などの目安がわかってきます。
靴メーカー側は、それに合わせて数ヶ月前にデザインや材料の選定をして新商品を企画しているわけですから、
どこの立場でもいつも何かしら忙しい感じですね。

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業日時  平日10時~17時
定休日    土日祝日

スタッフブログ

スタッフブログ画像

趣味で靴製作されるお客様向けに靴 作りを楽しめる革、材料、道具をご用意致します。
先芯・美錠・ファスナー等の材料や 限定企画の革も販売します。レザークラフト向けの革はぎれ、ア ウトレット革も通販しています。




店長日記はこちら >>

ページトップへ