革のあれこれ

仕上げ方法の種類

仕上げ方法の種類

素上げ調仕上げ

ほぼ仕上げ剤を使わずに、フェルトバフ等で艶出し加工を行うため、革本来の状態がわかりやすく、色落ちしやすく、ロットによって色が異なることもあります。


アニリン調仕上げ

染料を使い、銀面のパターンがわかる透明感のある仕上げを言います。少し顔料を配合し、傷を隠し表面を均一に仕上げるセミアニリン仕上げもあります。


顔料仕上げ

革の表面全体に顔料を吹き付けて、仕上げられた革のことです色鮮やかな直色もできるが、均一な仕上がりになるため革らしい質感は損なわれます。


グレージング仕上げ

高級な革の仕上げで見られる仕上げです。メノー、ガラス玉などのローラーで強い圧力を加えることによって銀面を擦って艶を出す仕上げ。爬虫類の革によく見られ、革は光沢があります


アンチック仕上げ

不規則なムラ模様などをつけたアンティーク風の仕上げです。


エナメル仕上げ

パテント仕上げともいわれ、革の銀面をウレタン樹脂コートで仕上げられた革のことです。ウレタン樹脂によって、光沢のある膜を革の表面に作ります。


メタリック仕上げ

メタリックの塗装を吹きかけメタリック調に仕上げられた革のことです。




 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業日時  平日10時~17時
定休日    土日祝日

スタッフブログ

スタッフブログ画像

趣味で靴製作されるお客様向けに靴 作りを楽しめる革、材料、道具をご用意致します。
先芯・美錠・ファスナー等の材料や 限定企画の革も販売します。レザークラフト向けの革はぎれ、ア ウトレット革も通販しています。




店長日記はこちら >>

ページトップへ