革のあれこれ

原皮の種類

原皮について

牛革は革の中で、もっとも使用されています。牛原皮には産地、性別、年齢によって品質の差があります。またヨーロッパ原皮、北米原皮、国産原皮など産地によっても原皮の質が異なります。


カーフ

生後約6ヶ月以内の子牛の革。牛革の中で薄く、傷が少なくキメ細やかな銀面が特徴。生後3ヶ月以内の子牛から取れるベビーカーフは、より面積が小さく厚みも薄い。表面のキメ細かさは素晴らしく高級品として扱われる。


キップ

生後半年から2年余りまでの中牛の革。成牛に比べて、表面のキメは細かく、怪我などの傷も少ない。革自体は、カーフより厚く、丈夫さも強くなります。


カウ

生後2年以上の出産経験をしているメスの成牛。厚み、キメ細かさ、強度などにおいてキップとステアの中間の特徴を持っている。


ステア

生後3~6ヶ月以内に去勢したオスで、生後2年以上の牛。厚みが比較的均一で、表面のキメ細かさはキップに近いものもあります。幅広い革製品に使用されており、流通量がもっとも多い種類です。北米産のものが中心で、デイリーステア、ステアと分かれています。


ブル

生後3年以上のオスの成牛。厚手になり丈夫ですが、繊維組織のあらさも目立ちます。


国産原皮

国内で育てられた牛で、乳牛、和牛などで種類は異なります。

地生とも呼ばれ、北米産原皮とほぼ同じ大きさで、海外のものよりも銀面に傷がない種類もあります。


山羊

独特のシボがあり、柔らかいのが特徴です。衣服、手袋などに用いられます。大人の山羊はゴードスキンと呼び、仔山羊の革はキッドスキンといいます。高級靴、高級婦人手袋に用いられます。


毛穴によるキメが細かく、薄く、柔らかいのが特徴です。防寒着としても使われます。生後1年以内の子羊をラムといい、柔らかく肌触りのよい革になります。高級なジャケットに使われます。毛がついたものはムートンと言い、コートなどに使われます。シープレザー全般では、衣類、手袋に用いられます。


カンガルー

オーストラリアに限られて生息しており、年間捕獲量が制限されていることで、高級素材として認知されています。カーフより上等、さらに丈夫でしなやか。のびて変形しないため、高級な靴、スパイクシューズで使用されています。


牛の次に利用されており、薄くて軽く、磨耗に強く。通気性がよいのが特徴です。国内で飼育された原皮をなめして革にするのは豚のみとなっています。鞄、袋物、ベルト、靴の裏革に使用されます。


牛と比較して強度は落ちるが柔軟性がり、衣料製品に用いられていました。馬革で、有名なものは、馬の尻部分を使ったコードバンです。コードバンは重量馬の臀部で、繊維が緻密で硬く美しく、貴重なため高級素材として扱われています。高級革として靴、ベルト、サイフなどに使用されています。コードバン以外では、靴の裏革用に使われています。


鹿

薄くて軽くて柔軟性に富むのが鹿革です。これらの特徴を生かしやすい衣料や手袋などに使われています。鹿の皮を植物油でなめした革は、セーム革と呼ばれ、水分を吸収しやすくかわらかさを維持できることからレンズや自動車を磨くクロスとして使用されます。


オーストリッチ

ダチョウの革で、羽根を抜いたあとがあり、革の表面に丸い突起があり、独特の模様です。革全体にはなく一部分にしかないことも特徴です。高級な袋物、鞄に使われています。


爬虫類

ワニ、トカゲ、ヘビの3種類が中心になります。革の模様がそれぞれの種類ごとで独特です。どの革でも高級革として扱われており、鞄、ベルト、時計のバンド、靴などで使われます。

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業日時  平日10時~17時
定休日    土日祝日

スタッフブログ

スタッフブログ画像

趣味で靴製作されるお客様向けに靴 作りを楽しめる革、材料、道具をご用意致します。
先芯・美錠・ファスナー等の材料や 限定企画の革も販売します。レザークラフト向けの革はぎれ、ア ウトレット革も通販しています。




店長日記はこちら >>

ページトップへ